オール国内組!東京五輪世代12人選出…東アジア選手権のメンバー発表

日本代表メンバーを発表する森保一監督
日本代表メンバーを発表する森保一監督

 日本サッカー協会は4日、東アジアE―1選手権(12月10~18日・韓国)に臨む日本代表のメンバー22人を発表した。

 国際Aマッチ期間外のため、オール国内組で臨む今大会。東京五輪世代が半数以上の12人メンバー入りを果たした。また今季横浜Mで15得点を挙げているMF仲川輝人(27)ら10人が初招集となった。

 森保一監督(51)は「東アジアの諸国が国の威信をかけて臨んでくる。U―22の選手も多く含まれていますが、この経験を持ってさらに成長して欲しい。経験ある選手には、今後日本代表を背負っていくプレーを見せて欲しい。結果にこだわりつつ、選手層を厚くすることを考えながら戦いたい」と期待を寄せた。

日本は10日に初戦で中国と対戦する。

 日本代表メンバーは以下の通り。

▼GK

中村航輔(柏)

○小島亨介(大分)

○大迫敬介(広島)

▼DF

佐々木翔(広島)

室屋成(F東京)

三浦弦太(G大阪)

畠中槙之輔(横浜M)

○渡辺剛(F東京)

○古賀太陽(柏)

▼MF

仲川輝人(横浜M)

大島僚太(川崎)

橋本拳人(F東京)

鈴木武蔵(札幌)

井手口陽介(G大阪)

○相馬勇紀(鹿島)

○森島司(広島)

○田中駿汰(大体大)

○遠藤渓太(横浜M)

○田中碧(川崎)

▼FW

○小川航基(水戸)

○上田綺世(鹿島)

○田川亨介(F東京)

※○は東京五輪世代

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請