【阪神】岩田がプロ14年目で初の現状維持「まだまだ全然できる感触がある」

現状維持で契約更改を終えた岩田稔(カメラ・石田順平)
現状維持で契約更改を終えた岩田稔(カメラ・石田順平)

 阪神・岩田稔投手(36)が4日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の3800万円でサインした。「14年間やってきて、初めての現状維持です」と切り出した。

 今季は4月18日のヤクルト戦(神宮)で564日ぶりの勝利を4年ぶりの完投で飾った。前半戦はローテの一角として奮闘したものの、7月28日の巨人戦(東京D)では3回9失点、8月4日の広島戦(マツダ)では2回7失点と崩れ、それ以後は1軍登板はなし。「いい感じで調整もうまく言っていたんですけど、最後の2試合が悔やまれます」。最終的に14試合の登板で3勝4敗、防御率4・52に終わった。

 若手投手の台頭もあり、プロ15年目は勝負のシーズンとなる。「まだまだ全然できるなという感触は自分の中である。現状維持は衰退なんで、このオフは今の状態よりもワンランク、2ランク上げられるようにやっていくだけです」とさらなる飛躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請