【日本ハム】有原がポスティングでの米挑戦の希望を球団に伝える…西川に続き今オフ球団2人目

契約更改を終えた有原は最多勝獲得を祝うくす玉を開いた
契約更改を終えた有原は最多勝獲得を祝うくす玉を開いた

 日本ハムの有原航平投手(27)が、将来的にポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する希望を球団側に伝えていたことが4日、分かった。この日、札幌市内の球団事務所で行われた契約更改交渉を終えた有原が、その後の会見で交渉の場で伝えたことを明らかにした。

 右腕は早大4年次からメジャーへのあこがれを持っており、プロ入り後は将来的なメジャー挑戦の思いを胸に秘めてきた。15年2月には、スポーツ報知のインタビューに「メジャーに行きたい思いはあります。ただ、まずは日本で活躍できる投手にならないと声もかからないと。誰もがエースと思う存在にならないとけないですね」と語っていた。

 プロ5年目となった今季は24試合に登板して自己最多の15勝(8敗)、防御率2.46の好成績を残して最多勝のタイトルを獲得。この日の契約更改交渉では、「倍ちょっと上げてもらった」と1億円の大台を突破し、名実ともに日本ハムのエースとして飛躍した。会見では「チームの順位が良くなかったし大事な試合でもっと勝てるところがあった。来年に向けてしっかりと練習していきたい」と来季へ向けての思いを語っていた。今季、圧倒的な投球を見せたことで米球界への思いが高まったとみられる。

 日本ハムでは、先月27日に西川遥輝外野手(27)が、来オフにもポスティングでメジャーに挑戦する希望を表明したばかり。球団は11年にダルビッシュ、17年に大谷を同制度でメジャーへ送り出した実績がある。球団からは「夢は応援する」と声をかけられたといい、早ければ来オフにも米挑戦を容認する可能性もありそうだ。

 ◆有原 航平(ありはら・こうへい)1992年8月11日、広島市生まれ。27歳。広陵高では甲子園に2度出場、3年春にセンバツ4強。早大では1年春にリーグ戦デビュー、3年秋に最優秀防御率、4年春に初のベストナインを獲得。14年ドラフト会議で最多4球団競合の末、日本ハム入り。189センチ、101キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請