メッシ、史上最多6度目のバロンドール

「バロンドール」を受賞し、6つのトロフィーを前にするアルゼンチン代表のメッシ(ロイター)
「バロンドール」を受賞し、6つのトロフィーを前にするアルゼンチン代表のメッシ(ロイター)

 サッカー専門誌フランス・フットボールが選定する2019年の最優秀選手賞「バロンドール」の表彰式が2日、パリで行われ、アルゼンチン代表のメッシ(32)=バルセロナ=が4年ぶりで単独最多となる6度目の受賞を果たした。昨季スペイン1部で36得点で優勝の原動力となり、欧州CLは12ゴールで得点王。2位はオランダ代表DFファンダイク(28)=リバプール=、3位は過去5度受賞したポルトガル代表FWのC・ロナウド(ユベントス)。

 積み重ねてきた結果を思い、メッシは感慨に浸った。バロンドール初受賞から10年という節目に最多6度目の栄誉を受けた。「初めての時は22歳できょうだい3人とパリに来た。それから10年たち、妻と3人の子どもと来ている。とても特別な思いだ」。若くしてトップに立ち、年々激しくなる相手のマークをかいくぐりながらの受賞。スピーチもとても重かった。

 左足から繰り出される魔法のようなプレーの数々。欧州CL4強、南米選手権は3位とクラブと代表の2大タイトルは逃したが、個の力で強烈なインパクトを残して各国記者の票を集めた。「個人賞のことは考えたこともない。それよりもCLや南米選手権で優勝したい」と強調するが、圧巻の個人技は、CLを制したファンダイクの守備力よりも高く評価された。

 FIFA年間最優秀選手と2冠を達成した。昨季はバルセロナで公式戦50試合51得点。リーグ優勝に貢献した。さらにクラブ通算700試合出場を達成。国際スポーツ研究センターの調べによれば、ここ10年のリーグ戦の出場率は83・4%(2万8309分)で出場欧州5大リーグのフィールドプレーヤー最多の稼働率を誇る。10年で6度目の受賞を裏付けるデータだ。

 「まだ何年かやれるとはいえ、先が長くないのは分かっている」と選手として残された時間を自覚するが、それでもなおトップにいられるメッシは“史上最高の選手”の呼び声も高い。長年ライバル関係にあるC・ロナウドを上回り、受賞回数は単独トップに躍り出たメッシ。希代の名手が、その称号をさらに確固たるものにしつつある。

 ◆バロンドール 1956年にサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設。当初は欧州の年間最優秀選手賞だった。2010~15年は国際サッカー連盟(FIFA)最優秀選手賞と統合され「FIFAバロンドール」として表彰。17年1月から提携が解消され、別々に選ぶ形に戻った。現在は最終候補30選手の中から日本人を含む世界中の記者による投票で、その年に最も活躍した選手に贈られる。

 ◆06年カンナバロ以来DF受賞逃すファンダイク

 〇…ファンダイクはDFとして2006年のカンナバロ以来の受賞はならなかった。FIFA最優秀選手賞でもメッシに次ぐ2位。昨季CL準決勝で名勝負を演じた相手に「彼も素晴らしい年だったので結果を受け入れるしかない。素直に祝福したい」。最優秀GKの「ヤシン賞」はブラジル代表のアリソン(リバプール)、21歳以下の最優秀選手に贈られる「コパ賞」はオランダ代表のデリフト(ユベントス)。女子部門ではW杯フランス大会で優勝した米国代表のラピノー(34)=レインFC=が選ばれた。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請