藤井聡太七段が順位戦無傷の7連勝 ライバル2人が敗れて単独首位

船江恒平六段(右)との対局を終え、感想戦を行う藤井聡太七段
船江恒平六段(右)との対局を終え、感想戦を行う藤井聡太七段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が3日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第78期順位戦C級1組7回戦で、先手の船江恒平六段(32)を78手で下し、今期の順位戦で無傷の7連勝をマークした。

 この日、同じ6戦全勝だったライバルの佐々木勇気七段(25)、石井健太郎五段(27)がともに敗れたため、唯一の無敗となり、単独首位となった。

 昨期は9勝1敗ながら、39人中31位という順位の壁に屈してB級2組への昇格枠2枠に入れなかった。今期は36人中3位と上位。1敗の佐々木七段は14位、石井五段は34位のため、がぜん有利となったが藤井七段は「残り3局、全力を尽くして戦いたい」と全勝突破をにらんだ。

 順位戦の次戦は来年1月14日、小林裕士七段(43)と対局する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請