元モデル妻も絶賛!歌でストレス発散…日本シリーズJTカップ12・5開幕

ティーショットを放ち独特のポーズでギャラリーを沸かせる崔虎星
ティーショットを放ち独特のポーズでギャラリーを沸かせる崔虎星

◆崔 虎星(46)=韓国=2年連続3回目<平和PGM選手権優勝>

 11月の平和PGM選手権で、昨年のカシオワールドオープン以来約1年ぶりの通算3勝目を果たした。昨季と同じシーズン終盤での勝利に「今年も後半にいくにつれて調子は上がった。秋に強いのかも」と胸を張った。

 今季は7月のバラクーダ選手権など海外ツアーにも4試合出場。活躍の幅を広げた一方で長期遠征が増え、韓国に帰ることが減った。寂しがり屋な「虎さん」は今季初めから元モデルの妻・黄眞雅さんを帯同させ、韓国にいる2人の息子とは毎日テレビ電話で話す。最近は息子が通う歌唱団の話題で盛り上がる。そこで自身も歌うことに“トライ”した。夕食の席ではたびたび歌声を披露し、妻は「実は上手なんですよ」。ツアー転戦でたまるストレスの発散にもなっているようだ。

 今季は開幕のころから毎晩のように「今年も絶対に日本シリーズに出たい」と妻に宣言してきた。開幕から約7か月で手にした最終戦の出場権に「本当にうれしい。どう表現したらいいか分からない。光栄」と喜びを爆発させた。

 5年ぶりに出場した昨年大会は初日に66で好発進し、最終的に10位と健闘。変則スイングがスポーツ中継やワイドショーでも話題になった。2年連続3度目となる憧れの舞台へ、猛勉強中の日本語で「ガンバリマス」と宣言した。(宮下 京香)

 ◆崔 虎星(チェ・ホソン)1973年1月23日、韓国・浦項生まれ。46歳。高校卒業後は水産加工工場に就職。20歳でマグロの解体作業中に事故で右手親指の一部を切断。ゴルフ場への再就職を機に25歳で競技を始めた。アジアンツアーと共催の13年インドネシア・プロ選手権でツアー初優勝。変則スイングで人気急上昇。家族は妻と息子2人。172センチ、76キロ。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請