【巨人】丸、岡本の“口撃”に発奮「出塁率4割」へ

更改を終え会見した丸
更改を終え会見した丸

 若き4番からの“口撃”が、丸の来季への発奮材料だった。都内の球団事務所で5年契約2年目となる来季の契約更改交渉に臨み、現状維持の4億5000万円でサイン。FA移籍1年目で全143試合に出場し、打率2割9分2厘、89打点、27本塁打。チームの5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献したが、会見の席では冗談交じりで岡本からチクリと言われた言葉を明かした。

 「(個人成績は)全て中途半端だった。特に出塁率は岡本さんが『今年100打点いかなかったのは丸さんが出塁率4割いってないのもあるんですよ』って言われた。そこは肝に銘じてやっていかないといけない」

 広島在籍時の昨季はリーグ1位の4割6分8厘を誇った出塁率が、今季は3割8分8厘。リーグ5位と高い数字ではあるが、94打点に終わった“岡本さん”にとっては物足りない数字だったようだ。だからこそ、来季100打点達成をアシストするために「出塁率4割」を自らに課した。

 さらに会見では、試合の最終打席に立つ前に岡本から「丸さんで終わってください」との冗談話も明かし「だからいつも『死んでもおまえにつなぐから』って言ってます。四球を取れたら普段の四球よりもうれしい」と笑顔で振り返るなど、お互いの存在が刺激になっている。

 もちろん全てはチームの2連覇のため。後ろに座る若き大砲については「自信というか貫禄みたいなものも出てきているように感じた」と目を細める。だからこそ「何とか和真にいい形でつなげて、結果的に和真が100打点以上取ってくれればジャイアンツの2連覇も近づくと思う。僕も食らいついていきたい」と強調。3番・丸、4番・岡本のコンビのさらなる進化は相手にとって恐怖となるはずだ。(後藤 亮太)

契約更改状況

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請