【ソフトバンク】周東、1400万円増で更改「スタメンで」盗塁王奪う

2000万円でサインした周東は、サンタの衣装でポーズを決めた(カメラ・戸田 和彦)
2000万円でサインした周東は、サンタの衣装でポーズを決めた(カメラ・戸田 和彦)

 ソフトバンクの周東佑京内野手(23)が3日、来季目標に盗塁王を掲げた。ヤフオクD内で契約更改交渉に臨み、1400万円増の2000万円でサイン。「(スタメンで)打率2割5分、出塁率3割5分なら盗塁王を狙えると思う」と、開幕直前の支配下登録から11月のプレミア12制覇に貢献するまでブレイクしたシンデレラボーイが、さらなる飛躍を誓った。

 50メートル5秒7の俊足で102試合に出場。主に代走のスペシャリストとして25盗塁を決め、83・3%の成功率の高さで脚光を浴びた。だが「それ以外で成績を残していない」と自覚するように、打率が1割9分6厘にとどまるなどレギュラー奪取への課題は山積み。内野手登録だが大半が外野手での出場と、守備力の向上も必要だ。

 バレンティンの加入が濃厚になっている来季は外野手の層がさらに厚くなり、「内野手で勝負したい」と宣言。来年1月は名手・今宮に弟子入りする。「スタメンで出ないと取れない」。周東が盗塁王に向かって突き進む。(戸田 和彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請