【中日】開幕から守護神不在危機 マルティネスが五輪予選参加へ

ライデル・マルティネス
ライデル・マルティネス

 中日が残留に向けてキューバ政府と交渉中のライデル・マルティネス投手(23)が、来年3月20日の開幕戦に間に合わない可能性が3日、高くなった。キューバ代表として、3月から東京五輪出場枠をかけた予選への参加が濃厚。さらに予選が長引いた場合はチーム合流が4月下旬までずれ込む可能性もあり、開幕から守護神不在のピンチだ。

 今季はシーズン途中から守護神を務め、8月にキューバ代表に招集されるまでに43試合で1勝4敗8セーブ、防御率2・66と勝利の方程式入り。球団関係者は「まずは正式に契約することが前提」と前置きした上で「(合流が遅れる)可能性は高い。そうなったら何とか今のメンバーでやりくりするしかない」と説明した。

 中日は米復帰を目指すロドリゲスの退団が決定。中継ぎ補強も含め、与田監督が直接ドミニカ共和国やキューバで視察し、新外国人獲得を進めている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請