稲葉監督、殿堂候補 侍五輪へ弾み…金子ヘッドも候補者47人発表

プレミア12を初制覇した稲葉監督
プレミア12を初制覇した稲葉監督

 野球殿堂博物館は3日、2020年の野球殿堂入り候補者47人(プレーヤー表彰21人、エキスパート表彰16人、特別表彰10人)を発表した。プレーヤー表彰の新候補はヤクルト、日本ハムで通算2167安打をマークした侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)ら4人。1627安打を放った侍ジャパンの金子誠ヘッド兼打撃コーチ(44)=日本ハム野手総合コーチ=とともに、日本代表首脳陣から2人が新たに加わった。

 2人のほか、通算2101安打、404本塁打の中村紀洋氏(46)と日米通算1585安打、209本塁打の岩村明憲氏(40)もプレーヤー表彰の候補者入り。指導者としての実績も考慮するエキスパート表彰では、通算165勝でダルビッシュや田中を指導した佐藤義則氏(65)、日本ハムとヤクルトで監督を務めた高田繁氏(74)、元広島監督でコーチとして阪神、ソフトバンクを優勝に導いた達川光男氏(64)が加わった。

 選考は報道関係者や球界関係者による投票で行われ、来年1月14日に発表される。

 ◆特別表彰 対象は〈1〉アマの競技者で選手は引退から5年以上、コーチと監督は引退後6か月以上、〈2〉プロ、アマの審判員で引退後6か月以上、〈3〉プロ、アマの組織などの発展に貢献、〈4〉日本の野球の普及、発展に貢献―に該当する人。選考はプロ、アマの役員や野球関係の学識経験者(14人)が投票。75%以上の得票で殿堂入り。

 ◆プレーヤー表彰 対象は現役引退後5年以上経過したプロ野球選手。その後15年間が選考対象。野球報道経験15年以上の経験の委員(約300人)が投票。75%以上の得票で殿堂入り。

 ◆エキスパート表彰 対象は〈1〉現役を引退したプロ野球のコーチ、監督で、引退後6か月以上経過した人、〈2〉現役引退後21年以上経過したプロ野球選手。殿堂入りした人(約30人)、競技者表彰委員会の幹事と野球報道年数30年以上の経験を持つ委員(約70人)が投票。75%以上の得票で殿堂入り。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請