【札幌】最終節でJ1通算100試合のGK具「ルヴァンのリベンジ」

雪の舞う中、ボールを捕る札幌GK具聖潤
雪の舞う中、ボールを捕る札幌GK具聖潤

 J1北海道コンサドーレ札幌GK具聖潤(25)が雪辱を果たし、節目を勝利で飾る。オフ明けの札幌は3日、降雪の中、宮の沢で最終節のホーム・川崎戦(7日)に向けて調整した。川崎戦出場でJ1通算100試合に到達する具は「今年の最終戦が自分の100試合になるので。勝ってみんなで笑顔でシーズンを終えたい」と必勝を期した。

 川崎には10月のルヴァン杯決勝でPK戦の末に敗れた。リーグ戦でも5分け16敗と、対戦経験のあるクラブで唯一白星がない。「ルヴァンのリベンジをしたいし、今まで勝てていない相手になるので。俺の100試合より、まず川崎を倒す事を一番重要視したい」。味わってきた悔しさは、今回晴らす。

 加入5年目。前所属のC大阪では公式出場がなかったが、札幌で順調に数字を伸ばしてきた。「セレッソ時代はスタジアムの上の席から、出られる日が来るのだろうかと心配しながら試合を見ていた。辛い時期もあったが、諦めずにやって壁を乗り越えてきたのが今につながった」。札幌で韓国代表に選出されるまで成長し、大台到達は間近となったが、ここがゴールじゃない。「更に数字を増やすために努力し続けないと」。向上心を形で示し、具が最高の結果で2019年を締めくくる。

(砂田 秀人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請