馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【香港国際競走 キーマンにヤマタケ直撃2】4年連続海外遠征の丸内助手の経験がラッキーライラックに生きる

百戦錬磨の丸内助手がラッキーライラックを支える
百戦錬磨の丸内助手がラッキーライラックを支える

◆香港国際競走(12月8日、シャティン競馬場)

 外国は苦手で、仕事でしか海を渡ったことがない。先月に香港出張が決まって以降、デモの映像が頭から離れなかった。ドキドキしながら3日に現地へ到着したが、「百聞は一見に如かず」。空港も、ホテルへ向かう街中も実に静かで華やか。片言の英語に付き合ってくれる現地の方々も、みんな笑顔が明るい。ひとまずホッとした、というのが正直なところだ。

 そんな海外恐怖症の記者と対照的なのが、ラッキーライラックを担当する丸内助手だ。今回は4年連続の海外遠征でドバイやアメリカ、フランスと様々な国の競馬を体験している。16年にはドバイ遠征から米3冠競走を完走したラニと3か月間、海外でともに過ごした経験の持ち主だ。

 栗東で出発直前に直撃したが、「基本的に手入れして、エサを食べさせて、調教をするというのは日本も海外も一緒。特に今回は長期じゃない短期の滞在で、こっちでつくっていますから」。実に落ち着いたものだった。

 ラッキーライラックがまだ2歳の入厩間もない頃。松永幹調教師に、こう告げたという。「今までのキャリアの中で一番走ると思います」。ヘヴンリーロマンスなど多くの活躍馬を手がけてきた腕利きは、一目でピンと来た。「普通の馬が4速、5速で走るところを、この馬は3速でいけるんです。それで、しまいにもギアがある。これは走るなと感じました」。ダイヤの原石に磨きをかけてエリザベス女王杯でG1・2勝目。そして臨む初の海外遠征。丸内助手の経験は、大きな武器だ。(山本 武志)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請