馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神 中京

【阪神ジュベナイルフィリーズ】キズナ産駒クリスティ、父譲りの末脚で産駒G1初勝利だ!鞍上は産駒騎手別トップ4勝の福永騎手

2歳女王の座に挑むクリスティと福永
2歳女王の座に挑むクリスティと福永

◆第71回阪神ジュベナイルフィリーズ・G1(12月8日・芝1600メートル、阪神競馬場)

 第71回阪神ジュベナイルフィリーズ・G1(8日、阪神)に、今年のJRA2歳新種牡馬リーディングでトップを走るキズナ産駒が3頭出走する。なかでも父譲りの末脚を武器にするクリスティは、同産駒で騎手別トップの4勝を挙げる福永が騎乗。“鉄板コンビ”が力を合わせ、2歳女王の座へと上り詰めるか。

 新種牡馬リーディング首位を走るキズナの産駒がG1初勝利へ。クリスティとコンビを組むのは、産駒でトップの4勝を挙げる福永だ。交流G3の北海道2歳優駿ではキメラヴェリテで勝利を飾った。

 キズナの父ディープインパクトが7月末に急死し、福永は「ディープが現役のときは、一緒に走るのが嫌だった。でも、種牡馬になってから一番世話になるとは。キズナも同じように勝たせてもらっている」と振り返る。ディープインパクトの産駒でトップの179勝。息子のキズナとは13年の日本ダービーでエピファネイアとのコンビで戦い、ゴール前で差されて半馬身差の2着に終わった。あれから6年が過ぎ、壁として立ちはだかったライバルの娘を2歳女王に導こうとしている。

 その産駒のクリスティは、デビュー2戦目で3馬身差をつけて初勝利。前走アイビーSは、牡馬クラシックで有力候補とされるワーケアに続く2着。重馬場で上がり33秒台と、父譲りの末脚を繰り出した。山本助手は「あの馬場であの上がり。時計も速い。強い相手に前が詰まりながらも、中身の濃いレースをした」と自信を深める内容だった。

 前走後も順調そのもの。山本助手は「普段はうるさいが競馬では素直。キズナ産駒はそんな感じなのかな。叩いて上向き、ここはメイチの仕上げで挑みたい」と気合。先週、浦和記念(ケイティブレイブ)、チャレンジC(ロードマイウェイ)で重賞2勝を挙げた厩舎の勢いに乗り、ビッグタイトルをつかみ取るか。(内尾 篤嗣)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請