松井宏が記念初制覇「こんなに早く優勝できるとは」…別府競輪

記念初制覇の松井宏佑
記念初制覇の松井宏佑

 別府競輪の開設69周年記念G3「オランダ王国友好杯」決勝は最終日の3日、準決勝を勝ち上がった9選手によって争われた。最終バック7番手から仕掛けた松井宏佑(27)=神奈川・113期=が、追走した岩本俊介の猛追を振り切って優勝した。昨年7月のデビュー以来、記念初制覇を飾った。2着は岩本、先行した稲毛健太に乗った稲垣裕之が3着に入った。松井の次回出走予定は、29日に立川で行われる「ヤンググランプリ2019」。

 松井宏佑「5回目の記念で、こんなに早く優勝できるとは思ってもいなかったのでうれしい。(ナショナルチームの一員として)国内で走る舞台が少ない中で、優勝することができて良かった。初めて記念を走った2月の静岡では、二次予選で敗退してしまったが、いずれは優勝できるだろうとは思っていた。それでも、早かったなと思う。最後まで優勝は厳しいかなと思ったが、自転車が伸びていってくれた。外に岩本さんが来ていたのも分かったので、ラインで決まって良かったと思った。次はもっとレベルの高い特別レースでも活躍できるように頑張っていきたい」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請