【ロッテ】西野、先発・中継ぎ・抑え“フル回転査定”で1000万円増

アップで契約更改したロッテ西野勇士投手
アップで契約更改したロッテ西野勇士投手

 ロッテ・西野勇士投手(28)が3日、ZOZOマリンで契約更改。1000万円増の7000万円でサインし「いい評価をしてもらえた。チームの穴を埋めることができたところを評価してもらえた」と笑みを浮かべた。

 今季は中継ぎでスタートし、序盤はビハインドの場面での起用が続いたが、結果を出し続け、首脳陣の信頼を勝ち取ってきた。一時は不調に陥った守護神・益田の代役として抑えを務め、3年ぶりセーブも挙げるなどフル回転の活躍を見せた。

 先発の駒不足に陥った8月に吉井投手コーチから先発転向を打診され、ローテに定着すると8月5日の楽天戦(楽天生命パーク)で17年9月30日の楽天戦(Koboパーク)以来、674日ぶりの先発勝利。さらに9月7日のソフトバンク戦(ヤフオクD)ではプロ初完投初完封を挙げた。37試合の登板で2勝3敗、5ホールド、2セーブ、防御率2・96と安定した成績を残し、「ここ数年間は結果が出ていなかったので1年間、1軍に居続けられてよかった」と充実感を口にした。

 来季は吉井投手コーチから先発調整を伝えられており、新加入の美馬、涌井、石川らのベテランに二木、種市、岩下らの若手と開幕ローテを争うことになる。来年3月に29歳となり中堅の域に入るが「まだまだ自分には伸びしろがあると思っている。抑えをやっていた時のことを考えると、もっとやれると思う」と決意に満ちた表情で成長を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請