【日本ハム】大田がプロ11年目で年俸1億円に到達「これは通過点」

契約更改を終え巨大「泰示印鑑」を手に笑顔の大田
契約更改を終え巨大「泰示印鑑」を手に笑顔の大田

 日本ハムの大田泰示外野手(29)が3日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、今季年俸の6500万円から3500万円増の年俸1億円でサインした。(金額は推定)。

 今季は自己最多の132試合に出場し、キャリアハイとなる打率2割8分9厘、20本塁打、77打点を記録。それでも、「自分としては満足もしていないですし、まだまだできると思っている。これは通過点。さらに成績を伸ばすための手応えを感じられた1年だった」とさらなる成長を誓った。

 会見では、すでに明らかにしている来季の4番奪取への思いも語った。日本ハムには中田という不動の4番がいるが、「(4番の座を)奪い取ることは難しいと思いますが、そこにチャレンジしていく。頼れる選手になっていけば、4番という席に座れると思う。覚悟というか、腹をくくって来年はもっとやりたい」と決意をにじませた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請