【巨人】最速167キロ右腕・ビエイラと契約合意「常にベストを尽くし、チームの優勝に貢献したい」

 巨人は3日、今季まで米ホワイトソックスでプレーしていたチアゴ・ビエイラ投手(26)と来季の契約を結ぶことで合意したと発表した。

 球団を通して、右腕は「伝統と歴史のある巨人軍の一員になれて心からうれしく思います。ブラジルで日本人コーチの指導を受けたことがあり、日本の文化や習慣にもなじみがあります。以前から日本でプレーしたいと思っており、この挑戦は家族にとっても素晴らしい経験になるでしょう。常にベストを尽くし、チームの優勝に貢献したいと思います」とコメント。背番号は「49」に決まった。

 ビエイラは11年にマリナーズと契約を結んで入団。傘下マイナーで力をつけて着実にステップアップし、17年にブラジル人史上5人目のメジャーデビューを果たした。18、19年はWソックスに所属。メジャー実働3年で23試合に登板、2勝1敗1セーブ、防御率7・36ながら、通算25回2/3で24三振。自己最速は驚異の104マイル(約167キロ)を誇る“南米の剛腕”だ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請