【ロッテ】美馬、入団会見「井口監督を胴上げしたい」背番号は愛着のある「15」に決定

入団会見で「雪美馬だいふく」のパネルにかぶりつく美馬学
入団会見で「雪美馬だいふく」のパネルにかぶりつく美馬学

 楽天からFA移籍したロッテ・美馬学投手(33)が3日、千葉市内のホテルで入団会見を行った。

 すっきりとした表情で答えた。決断理由を問われた美馬は「井口監督をはじめ、松本球団本部長の熱い思いが決め手となりました」と明かした。

 背番号は楽天時代からつけた「15」に決定。18年に「31」から「15」に変更した。17年12月に母・明美さんが61歳で死去。「母の誕生日が1月5日だった。当時、闘病中だった母に元気を出してもらおうと思って」つけた思い入れのある番号でスタートを切る。

 ロッテのイメージについては「近年、若い勢いのある投手が出てきた」とした上で「しっかり若手を引っ張っていけれたらいい」と先生役にも意欲を示した。

 新天地1年目となる来季に向けて「ローテーションを守り、貯金をつくって、井口監督を胴上げしたい」と決意を新たにした。

 ◆美馬学(みま・まなぶ)1986年9月19日、茨城県生まれ。33歳。藤代高から中大、東京ガスを経て10年ドラフト2位で楽天入り。今季は開幕からチームで唯一ローテを守り抜き、25登板で8勝5敗、防御率4・01。通算成績は185登板で51勝60敗、防御率3・82。169センチ、75キロ。右投左打。好きなアイスは「雪見だいふく」。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請