「井上尚弥―カシメロ戦は実現するよう動きたい」WBOバルカルセル会長が明言 「村田諒太にWBOでも戦ってほしい」「井岡一翔―シントロンの勝者と田中恒成を戦わせたい」とも“リップサービス”

WBO総会で来日し、記者会見するフランシスコ・バルカルセル会長
WBO総会で来日し、記者会見するフランシスコ・バルカルセル会長

 ボクシングの世界主要団体の一つ、WBO(世界ボクシング機構)の総会が3日、都内のホテルで始まった。午前中の会議を終えたフランシスコ・バルカルセル会長(71)は日本の報道陣の取材に応じ、30日にゾラニ・テテ(南アフリカ)を破ってバンタム級の新王者となったジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=とWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(26)=大橋=との3団体統一戦に関し「実現するように動きたい」と話した。

 「井上選手はかつてWBOの王者だった(2014年4月にスーパーフライ級王座を獲得、7度防衛)し、トップランク社(米興行会社大手)と契約した。カシメロ選手はマニー・パッキャオがプロモーションする選手で、いずれも関係者が今回来日する。この話を進めるにあたり、ボブ・アラム氏(トップランク社代表)らとも話を進める。半信半疑でしょうが、(多くの関係者が集まる)2日後を楽しみにして」と話した。

 また、同会長は「井岡選手とシントロン選手の勝者に田中選手と対戦させたい」と話した。12月31日に行われるWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30)=Reason大貴=が同級1位ジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=の挑戦を受ける初防衛戦(東京・大田区総合体育館)の勝者に、現WBO世界フライ級王者・田中恒成(24)=畑中=を戦わせる青写真を描いている。「夢のような話しかもしれないが、言葉にすれば夢はかなうだろう」とプラン実現に意欲を示した。

 同会長は、WBA世界ミドル級王者で12月23日に初防衛戦を控える村田諒太(33)=帝拳=の名前も挙げ、「村田選手にはWBOでも試合をしてもらいたい」と“ラブコール”。「村田選手は日本のヒーローでチケットセラー。WBOにも来てくれるなら、うれしい」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請