【ソフトバンク】栗原、レベルアップへ12月から中村晃に弟子入り

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手(23)が3日、福岡市内のヤフオクD内で契約更改交渉を行い、300万円増の1000万円でサイン。「オフをどう過ごすかなど少しでも知りたい」と12月から中村晃に弟子入りし、レベルアップを目指す。

 今季は4月13日の楽天戦(楽天生命)でプロ初打点となる決勝打をマークし、7月8日の西武戦(東京D)では初のサヨナラ打。出場機会を求め、左翼の守備にも就いた。一方で、本職の捕手では甲斐、高谷の壁を崩せずスタメン出場はなかった。

 「キャッチャーとしての出場機会が少なかったことは悔しい。打撃で目立って、守備を上げていければ。バッティングで、頭ひとつ抜け出したい」と、自慢の打撃面を磨きライバルとの差を付ける。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請