【巨人】阿部2軍監督、台湾で大人気「ファンの人たちがすごい熱でびっくり」…ウィンターL視察

CPBLの馮勝賢秘書長とユニホームを交換した阿部2軍監督(右)(カメラ・尾形 圭亮)
CPBLの馮勝賢秘書長とユニホームを交換した阿部2軍監督(右)(カメラ・尾形 圭亮)
台湾でサイン攻めに遭う阿部2軍監督
台湾でサイン攻めに遭う阿部2軍監督
07年北京五輪予選、台湾戦の7回1死満塁で、左前2点適時打を放つ阿部(左)
07年北京五輪予選、台湾戦の7回1死満塁で、左前2点適時打を放つ阿部(左)

 【台中(台湾)2日=尾形圭亮】巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が2日、ウィンターリーグ視察のため台湾入りした。長年巨人の大黒柱であり続けた男は、現地でも英雄的な人気を誇り、行く先々でサインの行列ができるほどの大フィーバー。あまりの人気ぶりに現地の中華職業棒球大聯盟(CPBL)が動き、4日のNPB(白)対CPBL選抜(台中)では始球式を務めることが電撃決定した。

 人、人、人…。台北の空港に降り立った阿部2軍監督は、あっという間に大勢のファンに囲まれた。驚きつつも、色紙や背番号10の巨人ユニホームに笑顔でサインペンを走らせた。

 「ファンの人たちがすごい熱でびっくりした。どこで待ってたんだ? ありがたいよ」。台北のホテルで昼食を済ませると、どこで聞きつけたか、ここにも大量のファンが殺到。台中へ移動する新幹線のホームでももみくちゃにされるなど、朝から晩まで現地では阿部フィーバーが吹き荒れた。

 阿部2軍監督の台湾訪問は、07年の北京五輪アジア予選以来、12年ぶりだ。3戦で13打数10安打4打点と活躍。MVPを獲得し、その名をとどろかせた。そんなレジェンドの現役引退は台湾でも大きなニュースとして伝えられた。鬼の2軍監督として巨人の若手をしごき上げている様子は、動画サイトを通じて台湾でも話題になっているそうだ。

 そんな英雄的人気を誇る阿部2軍監督に、大役が舞い込んできた。4日は巨人の若手がメンバー入りしているNPB(白)が地元台湾のCPBL選抜と対戦する。この試合で、始球式を務めることが決まった。元台湾代表でもあるCPBLの馮勝賢秘書長は「阿部さんは台湾でもすごく有名だし、人気がある。(台湾球界の)日本でプレーしたいという若い選手はたくさんいるし、ファンも喜ぶと思います」と声を弾ませた。

 3日からは本格的に試合の視察に入る。このウィンターリーグには、この日一緒に台湾入りした畠のほか、高卒1年目の増田陸ら期待の若手が参戦している。「試合しているところをほとんど見たことがない選手もいるから、どういうプレーをするのか見ておきたい」。台湾のほか韓国や、日本の社会人選抜も出場しており、有望選手を見極めるスカウティングの場にもなりそう。若き指揮官が目をギラつかせ、逸材を見極める。

 ◆こんな大会 正式名称は「アジア・ウィンターリーグ・ベースボール」。レギュラーシーズンは11月23日から12月12日まで争われ、13日からはプレーオフ、15日に決勝・3位決定戦を行う。NPBは「紅」(ソフトバンク、楽天、オリックス、西武、ヤクルト)と、「白」(巨人、ロッテ、DeNA、阪神、中日)の2チームを派遣。巨人からは畠、横川、大江、田中貴、増田陸、加藤、山下、育成からは田中優、与那原、黒田が参加。日本からは社会人選抜も派遣され、CPBL、KBO、味全ドラゴンズと6チームで覇を競う。

CPBLの馮勝賢秘書長とユニホームを交換した阿部2軍監督(右)(カメラ・尾形 圭亮)
台湾でサイン攻めに遭う阿部2軍監督
07年北京五輪予選、台湾戦の7回1死満塁で、左前2点適時打を放つ阿部(左)
すべての写真を見る 3枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請