新井浩文被告に求刑通り実刑5年「卑劣で悪質」

東京地裁に入る新井浩文被告(カメラ・小泉 洋樹)
東京地裁に入る新井浩文被告(カメラ・小泉 洋樹)

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交の罪に問われた元俳優・新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)に東京地裁は2日、「被害者の性的自由を侵害する卑劣で悪質な犯行」として求刑通り懲役5年の判決を言い渡した。新井被告は「暴力や脅迫は一切やっていない」と無罪を主張していたが、判決は供述の信用性を否定した。

 東京地裁はこの日、新井被告の再度の保釈を認める決定をした。保釈保証金750万円で納付。被告側は判決後、即日控訴し、再保釈も申請していた。

 裁判の争点は、新井被告が女性に暴行、脅迫によって性交をしたか、同被告が性交について女性の合意があると誤信することはなかったかの2つ。判決理由について、滝岡俊文裁判長は両者の体格差も踏まえ「抵抗を著しく困難にさせる暴行だった」と認定。「女性の証言は客観的な経緯や状況と整合し、信用性が高い。虚偽の供述をし、被告人を陥れる状況も想定しがたい」とし、「(性交後に)7万円を渡そうとした行為自体、新井被告が被害者の意思に反して性交に及んだ、と認識していたというべき」と指摘した。

 判決言い渡し後、裁判長は「信頼を取り戻すのは信頼を築いてきた以上に難しいことだが、あなたの人生は終わったわけではない。責任と向き合い、罪を償った上で、地道に信頼を取り戻すべく努力を続けてください」と説諭した。新井被告は、これまでと同様に黒いスーツ姿。判決を言い渡される間、背筋を伸ばし、身動きせずに真っすぐ裁判長を見つめていた。

 判決によると、昨年7月1日午前3時25分頃、都内の自宅で女性に乱暴した。新井被告は2月に逮捕、起訴され、保釈保証金500万円を納付。同27日に保釈された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請