サクラ衝撃の姿、眠り続ける理由も明らかに…「同期のサクラ」第8話

公開された、第8話での高畑演じるサクラ(C)日本テレビ
公開された、第8話での高畑演じるサクラ(C)日本テレビ
公開された、第8話での高畑演じるサクラ(C)日本テレビ
公開された、第8話での高畑演じるサクラ(C)日本テレビ

 高畑充希(27)主演の日テレ系ドラマ「同期のサクラ」(水曜・後10時)では、4日の放送で高畑演じるサクラが眠り続ける理由が明かされることになった。

 同作は遊川和彦氏が脚本を手がけたオリジナルで、17年7月期の同局系「過保護のカホコ」の制作チームが再集結した作品。故郷の島に橋をかけるという夢を持ち大手ゼネコン会社に入社した、忖度(そんたく)できない主人公・サクラ(高畑)と、同期社員の10年間が1話ごとに1年ずつ描かれる。

 第7話では「故郷の島に橋を架ける」という夢と、一番大事な祖父を同時に失ってしまったサクラ。視聴者からは「琵琶湖分、涙出た!」、「水分補給が必要なくらい泣いた!」などの声が上がり、大きな反響を呼んだ。1週間の放送休止を挟んで4日「同期のサクラ」の第8話を迎える。

 放送を前に公開された写真では、サクラはダークサイドに落ちてしまったような全身真っ黒な衣装に、ぼうぼうに伸びた髪の毛の姿をみせる。サクラが落ちるところまで落ちてしまった経緯と、長いこと語られることのなかった、サクラが眠り続ける理由がついに明らかとなる。

 ◆8話あらすじ

 2019年12月―。サクラの病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真そうま(草川拓弥)と小梅こうめ(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる。ついに、サクラが眠り続ける理由が明らかとなる。

公開された、第8話での高畑演じるサクラ(C)日本テレビ
公開された、第8話での高畑演じるサクラ(C)日本テレビ
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請