元女子プロレスラー・大畠美咲、第1子出産を報告「母子ともに健康です」夫・大石真翔と娘の2ショットも

 元女子プロレスラーの大石美咲(旧姓・大畠、30)が2日、自身のツイッターで第1子となる長女を出産したことを報告した。

 夫でDDTプロレスの大石真翔(40)が赤ちゃんを見つめる写真を投稿し、「昨日の17時01分、無事に出産を終えました。少し小さめですが、産まれてすぐから動きまくっている元気な女の子」と無事に出産したことを報告。「壮絶な痛みで心が折れかけましたが、母子ともに健康です。名前はまだ決まっていませんが出生届の期限まで悩みまくろうと思います!」と出産を振り返った。

 夫の大石も自身のツイッターで「大石家に新しい家族が誕生しました」と報告。「立ち会えなかったけど、美咲が頑張ってくれました。ありがとう。母子共に健康! 元気に産まれてくれてありがとう」と妻と娘に感謝をつづった。

 仙台出身の大畠は2006年にJDスター女子プロレスに入門しデビュー。仙台女子プロレス、プロレスリングWAVE&OSAKA女子プロレスなどで活躍。18年5月25日に大石との結婚を発表。同年12月29日に引退した。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請