【オリックス】吉田凌、50万円増の580万円で更改「30試合以上投げたい」

 オリックスの吉田凌投手(22)が2日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉に臨み、50万円増の年俸580万円でサインした。

 今季は4試合に中継ぎとして登板して、4回1/3を失点4。17年以来2年ぶりに1軍登板を果たしたが、内容には満足していない。「1軍の試合で思ったような投球をできずに悔しかったこともあり、まだまだだと痛感した1年でした。真っすぐ、変化球の精度とコントロール、すべてにおいて一段階、二段階上げていかないと、1軍では抑えられない。(来季は)とりあえず、中継ぎあたりで30試合以上投げたいし、1軍で勝てるように精いっぱいやっていきたいです」と来季の目標を設定。東海大相模高時代には中日・小笠原慎之介投手との二枚看板で15年夏の甲子園優勝を果たした右腕は、5年目のシーズンでの飛躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請