福岡国際29位の市田孝「無駄にしてはいけない」…来年2月延岡西日本マラソンに悔しさぶつける

福岡国際マラソンから一夜明け、取材に応じる市田孝
福岡国際マラソンから一夜明け、取材に応じる市田孝

 1日に行われた東京五輪代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ初戦となる福岡国際マラソンで2時間19分5秒の29位に終わった市田孝(27)=旭化成=が2日、福岡市内で取材に応じた。

 新たな決意が芽生えた。市田は「このチャレンジした結果を、無駄にしてはいけない」と4度目のマラソンを振り返った。初めて自己記録を更新できなかったフルのレース。しかし、中盤までは日本新ペースを刻む先頭集団に食らいついた。35キロから40キロまでの5キロは21分22秒かかるなど後半は失速したが、MGC出場者ゼロに終わった名門・旭化成を背負う男の覚悟がにじんだ42・195キロだった。

 マラソンの次戦は来年2月の延岡西日本マラソンを予定。勝ちきるレースで成長を見せる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請