玉川徹氏、トランポリン・森ひかる快挙で「やってみたい」も羽鳥アナから過酷さ指摘され「はい、出来ません」と即答

森ひかる
森ひかる

 2日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、1日のトランポリン世界選手権女子決勝でW杯ランク3位の森ひかる(20)=金沢学院大ク=が55・860点をマークし、男女を通じ個人で日本勢初の金メダルを獲得し、東京五輪出場を決めたことを特集した。

 森が演技する映像を見たコメンテーターで同局の玉川徹氏(56)は「トランポリンって、やってみたい」と発言すると、取材で体験したことがあるというMCの羽鳥慎一アナウンサー(48)が「難しいですよ。立つのも難しい」と指摘。

 それでも玉川氏は「気持ち良さそうだよな。体操はあまり気持ち良さそうに見えないんですよ。すごい修業というか、大変な事やってるなに見えるんだけど、これは楽しそうに見えるんだよ」とコメント。

 すると羽鳥アナがトランポリンについて「体重の13倍の負荷が足にかかって、1回の演技は200メートル走を全力で走るのと一緒」と説明をすると、玉川氏は「はい、出来ません」と即答。それでも森の華麗で圧倒的な演技に見入りながら「(大変そうに)感じない。楽しそうに見えるんだよな」と一流アスリートのすごさを感じていた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請