【巨人】ポスト山口の先発“戦国時代”「宮国に田口、鍬原もある」宮本コーチが適性テストへ

宮国椋丞
宮国椋丞

 先発で投げまくりたい男、出てこいや~ッ! 巨人・宮本和知投手チーフコーチ(55)が30日、来季の先発ローテ争いに言及。「冷静な目で、フラットな目で見たい」と実績や経験を抜きに、先発適性をテストしていく意向を示した。投手3冠に輝いた山口が抜け、菅野、メルセデスに次ぐ存在の台頭が課題の中、「宮国に田口、鍬原も先発はある」と今季は中継ぎを務めた男たちにも、スターターとしてサバイバルへの参戦を求める方針だ。

 球団納会から一夜明け、宮本コーチの目は来季の開幕ローテへと向いていた。

 「俊がどうなるか分からない中で、今、確定しているのは智之だけ。あと誰がいるんだと。その中で『先発やらせてくれ』って、若手や中堅が言いに来るんだよね。新たな先発競争がいよいよ始まるなといったところです。これはし烈な争いになるよ。見ものだね」

 “先発ローテ戦国時代”の到来に、言葉も熱を帯びた。菅野と安定性に優れる左腕・メルセデスがリードしているが、後は未定。競争の末に奪い取るしかない。

 今季は山口が個人タイトル3冠を獲得する活躍で5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。だが、ポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍が実現すれば、チームにとっては痛手になる。それでもピンチはチャンス。大きな穴を埋める男の成長を促すのみだ。

 実績や経験は関係ない。「冷静に、フラットな目で見る」と同コーチ。加えて「田口、鍬原、宮国、そういった若手はほとんどそう」と3投手の先発再転向プランも飛び出した。宮国はここ2年、全てリリーフでの登板だが、13年には20歳の若さで開幕投手も経験した。来季は入団以来背負ってきた「30」から「58」に変更。心機一転、燃えている。鍬原も秋季キャンプからサイドスローに挑戦しており、大化けの予感が漂う。

 今季、勝ちパターンでフル回転したリリーフ陣は基本的に動かさない方針。「監督も言っているように、1点差ゲームをモノにしないといけないという意味では絶対に救援陣(が大事)。後ろからいいピッチャーをそろえていく。そうじゃないと1点差ゲームは取れない」。先発で実績のある田口は例外だが、それ以外の投手にも先発の適性があるか、どんどん試していく。

 「まだまだ先発をやりたいという子が出てきたら、もっともっと面白くなる。チームの底上げにもなるしね。オフから競争が始まっているんだという気持ちでやってほしい」と宮本コーチ。ハイレベルな生存競争を経て、投手王国再建は現実になる。(河原崎 功治)

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請