【ロッテ】佐々木朗希、目標は〈1〉沢村賞〈2〉170キロ〈3〉大谷超え

スナック菓子「パイの実」を模し、背番号17が入った「ササキの実」を球団からプレゼントされ笑顔の大船渡高・佐々木(カメラ・中島 傑)
スナック菓子「パイの実」を模し、背番号17が入った「ササキの実」を球団からプレゼントされ笑顔の大船渡高・佐々木(カメラ・中島 傑)

 ロッテからドラフト1位指名された佐々木朗希投手(18)=大船渡高=の入団が30日、決まった。岩手・大船渡市内のホテルで入団交渉を行い、高校生ながら新人選手の最高条件となる契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で合意。最高条件での合意は球団高卒投手史上初、甲子園未経験の高卒選手としても史上初となった。背番号は17番に決定。〈1〉沢村賞〈2〉170キロ〈3〉大谷超え―を目標に掲げた。

 無数のフラッシュを浴びた佐々木は、球団から託された背番号「17」のイメージを聞かれると「大谷選手です」と即答した。自身の目標でもあり、夢のメジャーで活躍するエンゼルス・大谷の背中を思い浮かべ「岩手の先輩でもあり、プロ野球の先輩でもある。しっかり追い越していきたい」。はっきりとした口調で堂々と宣言した。

 偉大な先輩が届かなかった領域を目指す。「まずはチームの日本一を目標に」と強調した上で、「個人としては沢村賞が投手の中で一番高い賞だと思う。そこを目指してやっていきたい」と決意に満ちた表情で語った。託された17番には日本人がいまだ踏み入れていない「170キロ」への期待も込められている。自身が持つ高校最速163キロ超えは当然のことと言わんばかりに「(球速は)自分の長所だと思う。一番を目指して頑張っていきたい」と言い切った。大谷も取れなかった投手最高の栄誉と170キロの大台到達を経て、日本NO1投手に上り詰める覚悟がすでにある。

 現在地を知っているからこそ、足元を見つめることも忘れない。190センチ、85キロと細身であることを踏まえ、キャンプまでに求めるものとして「全体的な体の強さです。体重もそうですし、壊れない体づくりですね」と体力面の課題克服とプロ生活に耐えうる肉体を手に入れることを挙げた。量よりも質に重点を置き、栄養面のバランスを考えた食事の摂取を心掛けているといい、練習面では球団が大谷やダルビッシュをモデルとして作成した「育成マニュアル」に基づいたトレーニング法を実践するなど、高い意識を持っている。

 この日は12球団に指名された選手では最後となる“大トリ”で契約金1億円、出来高5000万円、年俸1600万円の最高条件でサインした。「実感は湧かないですけど、これから厳しい世界に入っていくので一生懸命頑張っていきたい」。色紙には「経験」と記し「大きく羽ばたくためにいろいろな経験を大切にして1年目を過ごしていく」と力を込めた朗希。“3大公約”が実現する瞬間を、プロ野球ファンの誰もが待ち望んでいる。(長井 毅)

 ◆佐々木 朗希(ささき・ろうき)2001年11月3日、岩手・陸前高田市生まれ。18歳。小3から野球を始める。小4だった11年に東日本大震災で被災し、大船渡に移住した。大船渡一中では軟式野球部。大船渡高では1年夏からベンチ入りし、2年秋から背番号1。甲子園出場はないが、今年4月の代表候補合宿で163キロをマーク。今夏はU―18W杯の高校日本代表に選出された。190センチ、85キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請