小関裕太らアミューズ所属の若手俳優“ハンサム”5人が勢ぞろい 

写真展「15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM」の記者発表に出席した(左から)渡邊圭祐、松岡広大、小関裕太、甲斐翔真、鈴木仁
写真展「15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM」の記者発表に出席した(左から)渡邊圭祐、松岡広大、小関裕太、甲斐翔真、鈴木仁

 大手芸能事務所・アミューズに所属する若手俳優の小関裕太(24)、松岡広大(22)、甲斐翔真(22)、渡邊圭祐(26)、鈴木仁(20)が30日、東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYAで行われた初の写真展「15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM」(12月15日まで)の記者発表に出席した。

 小関は「15年というものの大きさを写真から感じます。出てる僕たちも、見に来てくれる方々も楽しめると思います」。甲斐も「僕が初めてハンサムライブに出演したのが16年。それより前の歴史を肌で感じることができてうれしい」と話した。

 2005年に始まり、15周年を迎える同事務所の若手俳優による恒例のファン感謝祭「15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE『JUMP←with YOU』」が来年2月15、16日に東京・両国国技館で開かれる。

 初参加の鈴木は「『歌だけはやりたくない』と、事務所に言ってきたんですけど(笑い)。自分なりの精いっぱいを出して感謝を伝えたい」。同じく渡邊は「いろんな思いを積み上げてきたハンサム。自分なりに消化して、僕が感じたハンサムを伝えたい」と意気込んだ。

 小関は小学生の時に両国国技館を訪れる機会があったという。「裏に、お相撲さん用の便器があるんです。普通のより1・5倍から2倍くらいで、『お尻入っちゃうじゃん!』みたいな感じで遊んでいた」と当時を回想。「ステージに立つということで、また、トイレにも行ってお尻の大きさがどれくらい変わったかを感じたい(笑い)」と話し、笑いを誘った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請