石川遼、4連続バーディー締めで最終日へ、「ダボ打ってリミッター外れた」

通算10アンダーで3日目を終えた石川遼
通算10アンダーで3日目を終えた石川遼

◆男子プロゴルフツアー カシオワールドオープン 第3日(30日、高知・Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)

 12位からスタートした賞金ランク5位の大会ホストプロ、石川遼(28)=カシオ=が、8バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの67で回り、通算10アンダーの5打差7位で3日目を終えた。首位は8バーディー、1ボギーの65をマークしたA・クウェイル(オーストラリア)。

 最終18番(530ヤード、パー5)で、グリーン右手前のラフからアプローチ。1・5メートルに寄せたパッティングで、カップをなめるようにして入るとしゃがみこんで喜んだ。4連続バーディーで締めて、12位から7位に浮上。2日目は体調不良で取材に対応できなかったが、この日は鼻声で「声は全然出ないですけど、体調はちょっとづつ日に日に良くなってます。鼻とのどだけなので見ての通り、プレーに支障はありませんし、何の言い訳にはならないです」と話した。

 初日に5アンダーの67で、2日目は2アンダーの70。さらにスコアを伸ばし、「ドライバーとアイアンのバランスがちょっと良くなった」と振り返った。17番(420ヤード、パー4)では手応えを感じ「きょうの数打という感じだった」と説明した。

 4連続バーディー締めへの引き金となったのが、ダブルボギーをたたいた11番(205ヤード、パー3)。グリーンの右手前バンカーにつかまり苦戦。この時の心境を“持論”とともに熱く振り返った。

 「意外とダブルボギー打って、すぐに取り返したりとか。例えばダボ打った後に、4つ取り返したとして、2アンダーじゃないですか。ダボを打ってなかったとしたら、2つしかバーディーが取れてなくて、結局、同じ2アンダーだったかも知れないですし、そこらへんは自分としてはダボを打たなくても4つ取れる構想、自分の中でブレーキをかけないというか、リミッターを外すというか、逆にダボを打ってしまったりすることで、そのリミッターが多少外れるというか、行くしかないという感覚にしてくれる。逆に常に行くしかないと思っているのですが、その踏ん切りがつかない時がどうしてもあるというか。それが何かどっかの1ホールでたたいてしまって、吹っ切れたとか、開き直ったとかの感覚に近いと思います」

 2連勝で逆転賞金王。石川は「勝てるか、勝てないかというところまでは、もう少しなかと思う。きょうやったことを明日、もっと上位で試したい」と満足はしなかった。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請