立命大が6年ぶりV 来秋ドラフト候補の最速151キロ右腕・有村が最高殊勲選手賞

最高殊勲選手賞に輝いた立命大の有村大誠
最高殊勲選手賞に輝いた立命大の有村大誠

◆奈良県知事杯第23回大学・社会人野球大会▽決勝 立命大5―3天理大(30日、奈良・佐藤薬品スタジアム)

 立命大(関西学生)が天理大(阪神大学)を破り、6年ぶり7度目の優勝を飾った。来秋ドラフト候補の有村大誠(3年)が9回から6番手で登板。2安打無失点2奪三振に抑え、最高殊勲選手賞を獲得した。

 最速151キロ右腕は「持ち味の真っすぐで押せた。新チームになって、トーナメントで勝ち抜いていけたのは、いい財産になる」と、充実感を漂わせた。プロ志望で、スカウトの注目も集めている。「最後の1年なので、悔いのないようにやりたい」と、来季に向けて意気込んだ。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請