小田孔明、日本S出場へ3打差3位…アイアンさえ好調66で浮上

10番ティーショットを放つ小田孔明
10番ティーショットを放つ小田孔明

◆男子プロゴルフツアー カシオワールドオープン第2日(29日、高知・Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)

 賞金ランク32位の小田孔明(41)=プレナス=が66で回り3打差3位へ浮上。最終戦のメジャー、日本シリーズJTカップ(12月5~8日・東京よみうりCC)の2年ぶり出場を狙う。初優勝を狙う小林伸太郎(33)=焼き鳥まさや=が10アンダーで首位。

 秋の陽光に照らされる土佐湾を前に08、09年大会王者がV戦線へと浮上した。小田孔は得意のアイアンショットがさえ渡った。2番、7アイアンで30センチにつけて伸ばすなど7バーディーを量産。「今日はアイアンの距離感が良かったね。ここはパターさえ入ってくれればスコアを出せる」とまん丸い顔をほころばせた。

 賞金ランク32位。2年ぶり12度目の日本シリーズ出場に燃えている。現時点での出場圏内の賞金ランク29位とは約463万円差。今大会11位以内に入ることが最低条件となる。前週、久々に応援に訪れた妻子から「日本シリーズにいけるように頑張ってね」と激励されたという。通算8勝の14年賞金王は、好物の高知名物のカツオも食べて栄養補給している。「毎日ちょっとずつ伸ばして40代初勝利もつかみたい。3位以内には入って、日本シリーズに行きたい」と力を込めた。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請