【中日】オリからトレード移籍の松葉&武田はそろってダウン 武田「来季は長打力を伸ばしていきたい」

ナゴヤ球場で契約更改した武田
ナゴヤ球場で契約更改した武田

 今シーズン途中にオリックスからトレード移籍した松葉貴大投手(29)と武田健吾外野手(25)がナゴヤ球場で契約更改に臨み、松葉が300万減の2500万、武田が50万減の1650万(金額は推定)でサインした。

 今季1試合の登板に終わった松葉は「(トレードを)いいきっかけにして大きく飛躍したかったが、なかなか野球に集中できなかった。来年はどんな形でもいいので、開幕1軍に食らいつきたい」と先発、リリーフ問わず貪欲に来季の1軍マウンドを目指す。

 29試合に出場した武田は「こちら(名古屋)に来たときは慣れるのに精いっぱいだった。自分の課題は打撃だと思うので、来年は長打力を伸ばしていきたい」と意気込んだ。同級生の広島・鈴木や楽天・浅村の打撃フォームを動画サイトなので参考にしながら、チームが渇望する右の中長距離打者を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請