【楽天】FA移籍の鈴木大地、背番号はロッテ時代と同じ「7」 譲った辰己に「恩返しを」

楽天のユニホームを着てポーズをとる鈴木大地
楽天のユニホームを着てポーズをとる鈴木大地

 ロッテから国内FAで楽天入りを決めた鈴木大地内野手(30)が27日、楽天生命パーク内で正式契約し、入団会見を行った。4年契約で総額7億円。背番号はロッテ時代と同じ「7」に決定。慣れ親しんだ背番号を提示してくれた球団の誠意と、譲ってくれた辰己の厚意に感謝し、来季はキャリアハイを記録して恩返しすることを誓った。

 会見場に現れた鈴木を、招待されたファンクラブ会員50人が「7大地」と書かれたボードを掲げて出迎えた。背番号について聞かれると、申し訳なさそうに口を開いた。

 「球団の誠意をすごく感じましたけど、辰己くんの配慮があったからできたこと。昨日、辰己くんと会えたのでお礼を言わせていただきましたけど、ただつけるだけではダメ。球団、辰己くんのためにも、これから一生懸命いろんなところで恩返しができたら」

自己最高狙う 今季、7番をつけたドラ1の辰己は、球団から8番への変更を打診され、快諾。わずか1年で背番号変更となった。最大の恩返しは、グラウンド上で結果を出すことだ。

 「みなさまに『鈴木を呼んでよかった』と言ってもらえるようなパフォーマンスを出したい。全部の数字でキャリアハイを出せるように頑張りたい」

 石井GMは三塁での起用を想定。試合中の投手への声かけといった、プレー以外の面も高く評価している。

 「体も大きくないし、飛び抜けたところもない中で、そういう部分はアマ時代からすごく大事にしてきた。そこを評価してもらえて、すごくうれしかったです」

 ロッテでは主将、選手会長を歴任。東北の地でも献身的にチームを引っ張っていく。(片岡 泰彦)

 ◆鈴木 大地(すずき・だいち)1989年8月18日、静岡・小山町生まれ。30歳。桐蔭学園から東洋大を経て2011年ドラフト3位でロッテに入団。遊撃でベストナイン2度、二塁でゴールデン・グラブ賞1度受賞。今季は主に一塁で140試合に出場。打率2割8分8厘、15本塁打、68打点はいずれも自己最高。通算1061試合に出場し、打率2割7分4厘、54本塁打、384打点。175センチ、79キロ。右投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請