来春を待つ(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、本日はこの後に大事な懇親会が控えている。いやね、単なる飲み会なんですけど、ちょっと仕事が立て込んでおりまして、前振りゾーンは省略とさせていただきます。

 では、早速本題へ。まずは友道調教師への取材です。京都2歳Sを勝った【マイラプソディ(牡、父ハーツクライ)】は本日、放牧に出ました。「勝負どころで反応が鈍かったり、まだ幼い面はあるけど、いい内容だったと思う、あれなら、距離が延びた方がよさそうだね」と振り返っていました。実は本日、放牧に出されまして、年末のG1については「恐らく、出ないと思う」とのこと。もう、ダービーまでは大丈夫な賞金を加算しましたし、今後はクラシックロードを意識したローテがとられるんじゃないでしょうか。あと、黄菊賞で2着だった【ポタジェ(牡、父ディープインパクト)】はまだ正式に番組が発表されてはいませんが、例年通りなら若駒Sを視野に入れているようです。

 続いては西村厩舎。京王杯2歳Sを勝った【タイセイビジョン(牡、父タートルボウル)】は朝日杯FSで武豊Jとコンビを組むことになりました。前走まで騎乗していたルメールJは斉藤崇厩舎の【ラウダシオン(牡、父リアルインパクト)】に騎乗しますからね。武豊Jにとって、朝日杯FSは悲願という言葉がよく似合うタイトルですよね。「折り合えば、しまいは確実に脚を使いますから」とトレーナーは期待していました。あと、の黄菊賞5着の【キムケンドリーム(牝、父オルフェーヴル)】は京成杯を視野に入れているようです。そうそう、新馬の勝ち方が強烈だった【シリアスフール(牡、父ディープインパクト)】は屈けん炎で競走馬登録を抹消したようですね。残念…。

 あとは池江厩舎。全姉に3冠馬ジェンティルドンナを持つ【ダブルアンコール(牝、父ディープインパクト、母ドナブリーニ)】が栗東に戻ってきました。阪神3週目の芝マイルを武豊Jで予定しています。「少しずつ、良くなってきていますけど、相変わらずイレ込みが激しいところがあります。その点をどう修正していくかですね」と池江調教師。今後の成長に期待といった雰囲気ですが、ここは血の力にも注目といった感じです。

 久々に超ショートバージョンですが、ここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請