【王手報知】谷口由紀女流二段、悲願の初タイトルへ里見女流名人に挑む

スポーツ報知
最終戦で勝った後、感想戦で笑顔を見せる谷口由紀女流二段

 「女流棋界のいちばん長い日」に決着―。第46期岡田美術館杯女流名人戦の女流名人リーグ最終一斉対局が20日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、谷口由紀女流二段(26)が藤田綾女流二段(32)に勝ち、通算8勝1敗で初の挑戦権を獲得した。来年1月19日に開幕する5番勝負で里見香奈女流名人(27)=清麗、女流王座、女流王位、倉敷藤花=に挑み、悲願の初タイトルを目指す。

 最終戦を勝利で飾り、感想戦も終え、控室で待機していた谷口に吉報が届いた。同星で並んでいた伊藤が香川に敗れ、初の女流名人挑戦が決まった。「正直、今日決まるとは思ってなかったのでビックリしています」。翌日に予定していたプレーオフが真の決戦になると思っていたが、待っていたのは意外な結末。頬を緩ませるでもなく、静かに受け入れた。

 初参加から6期目となったリーグ。3期連続挑戦を目指す伊藤を初戦で破り、波に乗った。「勝ててなかった(過去成績0勝7敗)伊藤さんとの競り合いの将棋を制して勢いが付いて」一気の7連勝。8回戦を落としたが、9戦を通して地力を発揮した。

 安易な手、簡単に土俵を割るような将棋がなくなった。「長丁場で年間を通して安定感が求められる女流名人戦で挑戦者になることは女流棋士になった頃からの目標の一つだったのでうれしいです」

 今期通算20勝5敗、勝率8割。充実の背景には「変化」がある。「1年半くらい前から研究会よりも自宅で盤と向き合って考える時間を増やしたことが自分に合ってるのかもしれません」。現代将棋界の潮流であるAI研究も導入した。「まだ1割くらいですけど、半年前くらいから用いるようになって棋風は変化したと思います。以前は迷った時に攻めていたのに、今は一歩引く手が多くなりました。簡単に悪くなることが少なくなって、勝負形に持ち込めるようになりました」

 タイトル戦は4度目。過去3度のうち2度は里見に屈している。「取りたいなという気持ちは常に持ってますけど、里見さんは常に充実しているので精いっぱいに、まずは良い将棋を指したいです。あと2か月、できる限りのことをやって臨みたいです。2回のタイトル戦での里見さんは、自分の力がまだ足りていないことを教えてくれました。また番勝負を指すことで自分がどのくらい成長したかを知りたいし、皆さまにもお見せしたいです」

 将棋という夢を生きる者にとって「名人」の2文字は特別な響きを持つ。「憧れ…ですよね。いつか自分で『女流名人』と書いてみたいですよ、もちろん」

 ファンの前で華やかな表情を見せる谷口の顔は、将棋盤に向かうとかなり怖くなる。11連覇を目指す第一人者に挑む上で、熱い闘志は大きな武器になるだろう。(北野 新太)

 ◆谷口 由紀(たにぐち・ゆき)旧姓・室谷。1993年3月6日、大阪府大阪狭山市生まれ。26歳。森信雄七段門下。元関西アマ女流名人の姉・早紀さんと共に将棋を始める。2008年、女流育成会入会。10年、女流棋士に。16年にマイナビ女子オープン、同年と18年に倉敷藤花戦でタイトルに挑戦するも獲得ならず。振り飛車党。18年3月に一般男性と結婚。人気デュオ「コブクロ」の熱狂的ファン。

 ◆リーグを終えて

 伊藤沙恵女流三段「ちょっと泣きそうです。泣かないけど。挑戦したかったんです…すごく。初戦の負けが最後まで響きました。最初から決まってたのかな…。今、自分のしなきゃいけないことは切り替えることだと思います」

 香川愛生女流三段「勝ち越しで残留してホッとはしてるんですけど、リーグ中盤の崩れ方に力不足を実感しました。負けた後に整えられるようにしたいです。来期こそは…。毎年言ってることですけど…」

 渡部愛女流三段「去年は陥落したので少しは良かったかもしれないですけど、来期はもうちょっと良い成績にしたいです。自玉周りの受けなど弱いところを直さないと挑戦は厳しいと思います」

 鈴木環那女流二段「ホントうれしいです! 目標の5勝ができて、初めて残留できました。タイトル挑戦経験のない人が残るのは厳しいリーグなので…。今日も負けるかなと思って朝を迎えましたけど、うれしいなあ」

 上田初美女流四段「(昨年出産して迎えた)今期は残留が目標だったので運が良かったです。しばらくは勝てないと思いますけど、勉強も再開したので(来期開幕の)4月に間に合えばと思います」

 甲斐智美女流五段「ボロボロでした。調子が安定せず内容にブレが多かったです。来期は気持ちを新たに頑張ろうと思います」

 中村真梨花女流三段「早々と陥落を決めてしまいましたが、後半は内容を改善できた点があるので、予選から頑張ってまたリーグ入りしたいです」

 山根ことみ女流二段「さ、3勝ですか? 大変でした…。もう一段階上にいかないとダメだな、と思います」

 藤田綾女流二段「序盤で作戦負けになる将棋が多くて、力不足を痛感しました。またリーグ入りできるように頑張りたいです」

将棋・囲碁

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×