東京五輪へ!「大阪国際女子マラソン」のイメージキャラクターを2年連続で浦沢直樹氏が制作

漫画家・浦沢直樹氏が2年連続で手掛けた「大阪国際女子マラソン」のメインビジュアル
漫画家・浦沢直樹氏が2年連続で手掛けた「大阪国際女子マラソン」のメインビジュアル

 2020年東京五輪、マラソン女子日本代表の最後の1枠を争う「第39回大阪国際女子マラソン」が来年1月26日に開催され、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生中継される。その大会のイメージキャラクターを「YAWARA!」や「20世紀少年」で知られる人気漫画家の浦沢直樹氏(59)が2年連続で描き下ろし、そのメインビジュアルが26日、解禁となった。

 浦沢氏は中学時代は陸上部に所属。漫画を描きながら部活で走り続けた経験から「陸上競技は孤独との戦い。漫画制作と似た面もある」という。前回大会の中継を見た浦沢氏は「自分の絵をバックにスタジアムに入り最後の力を振り絞って走っていく選手の皆さんの姿に胸が熱くなりました。今年も力いっぱいの走りを期待しています」と、制作に魂を込めた。

 同大会は「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ」の一つ。カンテレ・スポーツ部の澤田淳司プロデューサーは「東京五輪の最後の1枠を必死につかもうとする女性ランナーの姿を、浦沢さんに表現して頂きました。東京五輪のマラソンは、札幌へ開催地が変更になり、これまで準備をしてきた選手や関係者にとっては、苦しい状況を強いられています。そんな中でも『東京でも札幌でも構わない! とにかく五輪で走りたい!』というような、強く真摯(しんし)な選手たちの思いが、このビジュアルから伝われば」と語った。

 イメージキャラクターを使ったビジュアルは、12月中旬から大阪・扇町のカンテレ本社社屋に掲げられる予定。来年1月上旬からは御堂筋沿道のバナーフラッグとしても登場予定。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請