松本潤、新たな「嵐ジェット」に感無量「JALさんの愛情感じた」

JAL新特別塗装機をお披露目し、CAと笑顔で手を振る嵐の松本潤(カメラ・小泉 洋樹)
JAL新特別塗装機をお披露目し、CAと笑顔で手を振る嵐の松本潤(カメラ・小泉 洋樹)

 人気グループ「嵐」の松本潤(36)が25日、都内で日本航空(JAL)の新特別塗装機「20th ARASHI THANKS JET」の発表会見に出席した。

 機内からタラップを降りて登場した松本は「デカいですね! 興奮してます」と笑顔。「(イメージキャラクターを)9年やらせていただいて、20周年というタイミングで特別塗装機を作っていただき感謝しています」と語り、「嵐ジェットに乗って、旅の思い出を作ってもらえたら」と呼びかけた。

 6台目となる「嵐ジェット」は、機体の左側に現在の嵐メンバー、右側にイメージキャラクターを始めた2010年当初の嵐メンバーの顔がそれぞれ大きく塗装されており、これまでの歩みを感じられる仕上がりになっている。松本は「大人になったというか…。JALさんから、今の顔と(9年前の)最初の顔、両面描いていただくと言われたときはうれしかった。JALさんの愛情を感じました」と思いを込めた。

 トークセッションでは、20周年にちなみ、20年後の未来の展望についても語られた。松本は「この20年もだいぶ長かったので…。20年後は56歳、還暦ちょっと前ですから」と困惑しつつ「歌って踊ってますかね? それには医療の発展しかないと思います」と笑わせていた。イベントの最後には「新たな20年に向かって!」と、JAL社員とともに紙飛行機を飛ばしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請