【浦和】大槻監督続投へ…強化部は総入れ替えで再建図る

浦和・大槻毅監督(カメラ・竜田 卓)
浦和・大槻毅監督(カメラ・竜田 卓)

 浦和が大槻毅監督に来季の続投を要請していることが24日、分かった。今年6月に成績不振で解任されたオリヴェイラ監督の後任で就任。リーグ戦は13位と残留争いの渦中にいるが、クラブはACL決勝まで進んだ手腕を評価し、続投の方針を固めた。欧州から復帰したMF関根、守備の要としてDF鈴木を積極的に起用。分析力や選手の士気の高め方に定評があり、立花洋一社長も「メリハリを持った指導で、チームを成長させる力がある」と期待する。来季は開幕から指揮を執り、06年以来のJ1優勝を狙う。

 昨年4月に就任した中村修三GMの退任が決定。後任の強化責任者は前GKコーチの土田尚史氏(52)が務める。土田氏は現役時代に浦和でGKとして活躍し、00年に引退。01~18年まで浦和コーチを務めた。強化部の陣容は総入れ替えとなる見込みで、新体制でチーム再建を図る。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請