花組トップスター・明日海りお「宝塚は自分のすべて」サヨナラ公演千秋楽にファン1万人集結

ファンの声援に応える明日海りお
ファンの声援に応える明日海りお

 宝塚歌劇団花組トップスターの明日海(あすみ)りおのサヨナラ公演が24日、東京・日比谷の東京宝塚劇場で千秋楽を迎えた。

 入団17年、トップスターとしては約5年半の宝塚生活に別れを告げた明日海は「宝塚は自分のすべて。夢も憧れも大好きも、つらいことも、責任もありました」としみじみ。「トップの羽根を衣装さんに脱がせて頂くとき『もう背負うことないんだ』と思うと…。寂しいような、安心したようにも感じた」と目を潤ませた。

 今後については「(結婚の予定は)全くありません」と笑わせた。退団公演の模様は、歌劇団史上最多となる国内外189か所の映画館で生中継され。劇場前にはのべ1万人のファンが集結。ペンライトの光が揺れる中、明日海は何度も手を振り、地声で「ありがとうございました!」とあいさつ。オープンカーでさっそうと劇場をあとにした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請