星稜、センバツ“当確”の尽誠学園に10点7回コールド…新戦力・松本が特大の満塁弾

尽誠学園戦で3回に満塁弾を放ってホームインする松本
尽誠学園戦で3回に満塁弾を放ってホームインする松本

◆招待試合・第1試合 星稜10―2尽誠学園=7回コールド=(レクザムベースボールパーク丸亀)

 来春のセンバツ高校野球(3月19日開幕、甲子園)出場が濃厚な星稜が24日、前日に続き香川・丸亀市で同県高野連招待試合を行った。第1試合では四国大会準優勝でセンバツ“当確”の尽誠学園に10―2の7回コールドで快勝。3回、背番号16の9番・松本笙(しょう)左翼手(2年)が左越え満塁本塁打を放った。第2試合では秋季香川大会3位の英明に7―3で勝利し、令和元年最後の対外試合を、連勝で飾った。

 「打の星稜」で、令和元年を締めた。ともにセンバツ出場が濃厚な尽誠学園を相手に2―2で迎えた3回。1死一、三塁から6番・倉知由幸右翼手(2年)の左前適時打で勝ち越すと、2死満塁から9番・松本の特大満塁弾で突き放した。

 続く4回にも右前適時打を放ち、3打数3安打5打点と大活躍の松本は「甘い球が来たら思い切り振ろうと思っていた。よかったです」と破顔した。新チーム始動後に左肩を負傷し、約1か月戦列を離脱。北信越大会と明治神宮大会ではメンバー入りも、今秋公式戦は通算2打数1安打に終わった。「外野は層も厚いが、冬場に追い込んで上(レギュラー)で戦える選手になりたい」と松本。来春の1ケタ背番号を目指す。

 センバツで対戦する可能性もある相手に「圧倒して勝つ」と臨んだ。6回12安打10得点と打撃で圧倒した内容に、エースの荻原吟哉(2年)は「コールドできたことは大きい」と手応え。自身は犠打野選と押し出し四球で2失点したが「真っすぐで打たせたりカウントを取ることができたことは収穫」と話した。

 最終打席で両翼100メートルの左翼フェンスギリギリに大飛球を放った4番・内山壮真捕手(2年)は「(両翼91・5メートルの石川県立なら)入ってましたね」と苦笑い。「あの打球がスタンドインするよう、冬場に打ち込みたい」と意気込んだ。荻原も「MAX145キロを超えるぐらいの直球を投げられるよう、しっかり体作りをしていきたい」と決意。冬の成長を、来春の歓喜につなげる。(勝田 成紀)

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請