松浦悠がG1初優勝「感謝の気持ちでいっぱい」

競輪祭で優勝して、胴上げされる松浦悠士
競輪祭で優勝して、胴上げされる松浦悠士

 松浦悠が歓喜のG1初V―。小倉競輪ナイターG1「第61回競輪祭」決勝戦が24日、準決勝を突破した9選手によって、第12Rで争われた。松浦悠士(29)=広島・98期=が、関東勢の分断策に出た清水裕友の最終2角まくりに乗って直線で抜け出し優勝。V賞金3450万円(副賞含む)を手にした。同選手のG1優勝は初めて。年末の「KEIRINグランプリ(GP)2019」(12月30日、東京・立川競輪場)の初出場も決めた。2着は清水が前残り、3着は諸橋愛が入った。

 松浦悠「いろんな人に助けられてG1の優勝ができた。感謝の気持ちでいっぱいです。清水君のまくりを抜くイメージを常に意識してきた。GPでも清水君とワンツーを決めたい」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請