【楽天】今江が引退セレモニー 長男・陸斗くんとサプライズ対決も

幸子夫人(左)から花束を受け取り、涙を流す今江(右は息子の陸斗くん)
幸子夫人(左)から花束を受け取り、涙を流す今江(右は息子の陸斗くん)

 楽天のファン感謝祭が24日、楽天生命パークで行われ、今季限りで現役を引退した今江敏晃育成コーチ(36)が引退セレモニーを行った。

 引退スピーチ後には、家族らから花束の贈呈。この場で長男・陸斗くん(14)が「最後に現役の今江敏晃選手として、1打席勝負をしてください」と直訴。結果は中堅方向への飛球となったが、その後は慣れ親しんだ三塁ベース付近で、ナインによって背番号と同じ8回、胴上げされた。

 今江の引退スピーチは以下の通り。

 「まずはじめに、このような舞台を用意していただきました球団関係者のみなさまに心より感謝しています。そして、この寒い中、お付き合いいただいてますチームメート、ファンのみなさま、ありがとうございます。

 本年をもって私、今江敏晃は18年間の現役生活を終え、引退します。高校を卒業し、プロの世界に入り、この世界でどうやっていったら一流になれるか、毎日もがき、考え、ここまでやってきました。

 プロ生活の中で、たくさんの指導者の方々や偉大な先輩方、意識を高め合ってきた同級生、かわいい後輩たち、スタッフのみなさん、ファンのみなさんと出会うことができ、今こうして振り返ってみると、僕は本当に人に恵まれたなと改めて思います。

 プロの道に導いてくれた千葉ロッテ球団、育てていただいた指導者のみなさま、チームメート、スタッフ、ファンのみなさまには本当に感謝しています。その中で2005年、2010年の日本一。熱い熱い応援、今江コール。今でも忘れません。本当にありがとうございました。

 そして、熱い応援で迎えてくれた楽天イーグルス。被災した子供たちを喜ばせたい、日本一の喜びを分かち合いたいと思ってやってきました。期待に沿うことはできませんでしたが、こうして東北のみなさんと出会えたことに本当に感謝しています。すばらしいチームメート、スタッフ、いつも温かい声援を送ってくれたファンのみなさまと出会えたことが僕の財産です。改めて、本当にありがとうございました。

 そして、ここまでやれる体に生んで、育ててくれた両親。プロ野球選手になりたいという僕を、全力でサポート、支えてくれた両親には本当に感謝しています。母は10年前に他界しましたが、きょうもこの空の上から見守っていてくれていると思います。オヤジ、オカン、本当に今までありがとう。

 そして僕の大切な家族、妻・幸子、息子・陸斗。妻とは19歳の頃に出会い、ここまで一緒に戦ってくれました。苦しい時も、うれしい時も、心が折れそうな時も、常に今江敏晃を最優先に考え、支えてくれました。妻がいなければ、今の僕はいないと思います。サチ、本当にありがとうございました。そして、息子の陸斗。父親らしいことを全然やってやれなくて本当に申し訳なく思ってます。でも、こうして大きくなって、勉強、野球に取り組む姿勢、離れて暮らすようになってからもお母さんのことを守ってくれていた姿を見ると、本当に助かった。本当にたくましく思います。陸斗、ありがとう。サチ、陸斗。現役生活は終わってしまうけれど、これからもよろしくお願いします。

 そして、これまで今江敏晃に携わってくださったすべての方々、本当にありがとうございました。

 最後になりますが、これから楽天イーグルスは、たくましく、強くなっていきます。僕もコーチとしてすばらしい選手を1人でも多く育てていけるように頑張りますので、これからもよろしくお願いします。18年間、本当に、本当にありがとうございました」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請