島田高志郎が感じた羽生結弦の「アスリートの魂」

エキシビションで演技する島田
エキシビションで演技する島田

 フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦NHK杯で9位だった島田高志郎(18)=木下グループ=が24日、会場の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで一夜明け取材に応じた。

 ショートプログラム(SP)6位スタートからフリーで乱れ大会を「今までで一番悔しかった。昨日は泣きじゃくってしまった。こんなに涙したのはいつ以来だろう。新たな自分に生まれ変わった気持ちです」と振り返った。

 優勝した羽生から学んだことは多かったという。「ショートの前、ショートの後も『羽生選手のように、もっとトップで戦いたい』っていう気持ちが芽生えました。『アスリートの魂』というのを、肌で感じながら一緒に練習することができたので、本当に受けた影響っていうのは、すごくポジティブなものです」。今大会で得た反省と収穫を、今後のスケート人生に生かしていく。

 エキシビションではクイーンの「I Want To Break Free」を熱演。フレディ・マーキュリーに扮し、会場を盛り上げた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請