【オリックス】吉田正が“限界バット”で来季は30発目指す

吉田正尚
吉田正尚

 オリックスの吉田正尚外野手(26)が23日、“限界バット”で来季に挑む構えを見せた。この日、大阪・舞洲で自主トレを行った主砲は前日(22日)に愛知県のバット工場でバットの仕様を変更。「いい感触で打てるバットになる」と手応えを口にした。

 工場でもつくったことのない限界のバットを追い求めた。先端をこれまでより深くくり抜く形状に変更。規定上限の3・2センチぎりぎりの3センチで、手作業の限界までくり抜くことにした。形状や重さ890グラムは変わらず、より広いの空洞をつくることで、密度の高い木材を使用でき飛距離アップが期待できる。さらにバットの重心が手元に寄るためスイングスピードの上昇も可能となった。

 プレミア12では自らのバットを貸した広島・鈴木が大当たり。シーズン中と違うバットで好成績を残したことに「すごいし考えらられない。実力でしょう」と感嘆した。バット工場が同じこともあり、日本を代表するスラッガー同士でバット談義を行い刺激になった。

 今季は2年連続で全試合に出場し、打率3割2分2厘、29本塁打、85打点。来季、自身初の30発に向けて強力な相棒を手にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請