山梨学院大・松倉、自己新でチーム日本人最高…1万メートル記録会

残り1週でスパートをかける山梨学院大・松倉(右)
残り1週でスパートをかける山梨学院大・松倉(右)

◆陸上1万メートル記録挑戦競技会(23日、神奈川・慶大日吉陸上競技場)

 箱根駅伝の連続出場が33年で途切れた山梨学院大は、松倉唯斗(2年)=宮城・明成高出=がチーム日本人最高となる29分10秒44の自己ベストの走りを見せ、8組で4位に入った。

 ラスト1周付近でスパートをかけ、一時は先頭に出るなど見せ場を作った。自己ベストを20秒以上更新し、「練習がうまくいっていたので、ベストは出ると思っていた。最後に差されたのは弱点」と胸を張りつつ、反省も忘れなかった。

 チームは先月26日の箱根予選会で、上位10校が本戦に出場できるところ17位で敗退。松倉は左膝の炎症で、予選会を走れなかった。「悔しかったが、走っても迷惑をかけると思い、その後の記録会などへ気持ちを切り替えた」と、前向きに練習し、新チーム初レースで結果を残した。

 新体制では学年副主任となった。来年は3年生。「みんなに声を掛け、チームの明るい輪をさらに良くしたい。来年10月に(予選会を勝って箱根路に)返り咲いて、そのメンバーに加わりたい」と、1年での箱根本戦復帰へ決意を新たにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請