「オータムフレッシュリーグ」静商・高田が早大打線を5回1安打に抑え、6奪三振の快投

早大相手に5回を投げ6三振を奪った静商・高田琢登
早大相手に5回を投げ6三振を奪った静商・高田琢登

 ◆大学野球オータムフレッシュリーグin静岡▽静岡商高4―2早大(23日・静岡県営草薙球場)

 MAX148キロを誇る静岡商の左腕エース・高田琢登(2年)が、大学生を相手に好投した。

 1回裏の立ち上がり、右打者の胸元を狙った第1球が死球になったが、動揺はない。後続を抑えると、2回からエンジン全開。140キロ前後の速球で内角を攻め、5回を投げて毎回の6奪三振。早大打線から2回のポテンヒット1本しか許さず、「スライダーも低めに行った。大学生を相手に抑え切ることができてよかった」と白い歯を見せた。

 大会は慶大や筑波大、中京大など静岡県外の7大学と、県内の3大学、6高校が参加。大学は1、2年生が中心で、試合を通してお互いのレベルアップを図ろうというもの。24日は明大・駿河総合高戦や東大・静岡高戦などが行われる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請