白鵬、4場所ぶり43度目V…御嶽海を外掛けで下し「考え抜いた相撲だった」

白鵬
白鵬

◆大相撲九州場所14日日(23日・福岡国際センター)

 優勝争いで単独トップに立つ西横綱・白鵬(34)=宮城野=が東関脇・御嶽海(26)=出羽海=を外掛けで下し、日本国籍を取得して以降初、4場所ぶり43度目の優勝を決めた。

 立ち合いで右を張った白鵬は、左四つの体勢から外掛けで優勝を決めた。

 白鵬は「調子が上がってきたので意識しながら土俵に上がれました。3月に二頭筋断裂してから、骨折とかを乗り越えてなので嬉しいです。(今場所の立ち合いは)考えて考えて、考え抜いた相撲だった。(千秋楽も)勝って終わりたいと思います」

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請