【巨人】デューク戸郷、背番「13」の来季へ制球力&球威アップを…150万円増の年俸650万円

契約更改した戸郷は、ボールに「勝」と文字を入れて気合を入れた(カメラ・竜田 卓)
契約更改した戸郷は、ボールに「勝」と文字を入れて気合を入れた(カメラ・竜田 卓)

 巨人の戸郷翔征投手(19)が22日、川崎市内のジャイアンツ寮で契約更改に臨み、150万円増の年俸650万円でサインした(金額は推定)。オフは、ポスティングシステムを利用してMLB移籍を目指す山口のもとで自主トレ予定。「(山口のすごさは)真っすぐの制球力もそうですし、一番は、三振を取れる変化球が1つじゃなく、2つ、3つあるところ。真っすぐで三振を取れるのも大きい」。来季から背番号が「68」から「13」に出世する右腕は、スナイパーの狙撃ばりに正確で威力のある投球を身につけ、飛躍を目指す。

 その第一歩は、強じんな肉体を手に入れることから始まる。山口との自主トレでは、大量に食べることも練習の一環。「『死ぬ気で来い』と言われたので、必死についていきたいです。もともと食べないタイプなので…」と恐怖を口にしつつ、「球威、球速が上がれば勝てる確率も高くなる。(球速の)大きな目標は160キロ」と頼もしかった。

 今季は高卒ルーキーながらシーズン終盤で1軍デビューし、巨人の高卒新人では17年ぶりとなるプロ初勝利もマークした。手応えをつかんだ一方、ポストシーズンは不完全燃焼だった。「CS、日本シリーズとふがいない結果だったので、来年借りを返せるように」。デューク戸郷はどんなリベンジを見せてくれるか。(尾形 圭亮)

 ◆戸郷 翔征(とごう・しょうせい)2000年4月4日、宮崎・都城市生まれ。19歳。小1から野球を始め、妻ケ丘中2年から本格的に投手を始めた。聖心ウルスラ学園では2年夏の甲子園に出場。プロ1年目の今季は2戦1勝0敗、防御率2・08。186センチ、72キロ。右投右打。年俸650万円。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請